2018年10月17日
  • 4:12 AM 田舎過ぎず都会過ぎない!北海道苫小牧市の魅力
  • 4:10 AM 安心して快適な生活ができる!別荘の利用方法
  • 4:18 AM 札幌に住みたい人は知っておきたい!暮らしやすい賃貸物件の探し方
  • 4:18 AM 低層マンション~高層マンション、利点と欠点は?
  • 4:16 AM 永く快適に暮らすために…意外と盲点、住宅設計の実用的なポイント

低層マンションと高層マンション

明確な区分はないものの、一般的には2~3階建てのものは低層、6~20階建てのものは高層と言われています。マンションがある地域が同じでも、低層か高層化によって住環境は結構違うものです。その利点や欠点をあげていきます。

低層マンションは一戸建てに近い?

低層マンションはエレベーターがないものが多く、通勤通学など外出時や災害時、すぐに戸外に出られます。他の住民と鉢合わせる確率も低く、一戸建て感覚が強いと言えます。付近に高層の建物が建つリスクも低く、落ち着いた住環境を手に入れやすいです。しかし住戸数が少ないと管理面や共用施設は高層に比べ劣ります。

高層ならではの眺望、利便性が良い

高層マンションは3~4階以上であれば、眺望は近隣家屋の屋根より上のため、少し離れた緑や開けた空を見られてゆとりを感じられます。また駅や商業施設の近いエリアに建てられる傾向があり、共用施設の多い物件であれば利便性はかなり高いと言えます。しかしエレベーターの台数が少ないと順番待ちや他住民との乗り合わせなど、気になる人には問題があります。

それぞれに良さがあり、選ぶ時は両方見てみては?

マンション探しの際、低層なら一戸建てのような静かな暮らし、高層なら利便性の高い暮らしが求められがちですが、自身や家族のライフスタイルや将来的な可能性を含めて、一度はどちらも見学などしてみると良いかもしれません。低層マンションの落ち着いた暮らしが好みの人も、高層マンションの低層階を選ぶという選択肢もあります。間取りや立地だけでなく、マンションの規模によって選べる可能性は広がりますね。

東川口のマンションでは、間取りの種類が豊富な他、ペット飼育が可能な物件も多いため、生活スタイルに応じた物件選びが可能です。

RELATED ARTICLES